Instagram 1枚目に文字を入れた方がいいのはなぜ?

こんにちは。カラビナハート株式会社の西尾と申します。
あっという間に年末。
SNSの担当者にとっては年末年始の投稿準備に追われる忙しい時期ですね。

突然ですが、皆さんインスタで投稿する際に1ページ目には文字を入れていますか?
今回はインスタの1枚目に文字を入れることでどのような効果があるのかを各数値ごとにお伝えします。

リーチ数

A社、B社共に1枚目に文字がある投稿のほうがリーチ数が高い傾向でした。
1枚目に思わず「内容が気になる」文言をいれることで、表示・いいね・保存などフォロワーからのリアクションを獲得しやすくなります。
フォロワーからのエンゲージメント率が上がることで発見タブに表示されるためよりリーチ数が増えやすくなります。
また、発見タブでは複数の投稿が並んでいるため、その中でいかに「内容が気になる」文言でユーザーを惹きつけられるかが重要です。

エンゲージ数

エンゲージ数もリーチ数と同じくA社、B社共に1枚目に文字がある投稿が数値が高い傾向でした。
1枚目に文字を入れることで、発見タブに表示された時や検索された時に、文字情報があることで「知りたい人」に「知りたい情報」を届けやすくなります。
またターゲットに投稿が届くことでリアクションを獲得に繋がりエンゲージ数を高めることができます。

フォロワーへの表示率の変化

こちらも2社ともに1枚目に文字がある投稿のほうが高い傾向です。
フォロワーへの表示率はエンゲージ数と相関があることから、エンゲージ数が高ければ高いほど良い投稿と判断され表示の優先度が上がると考えられます。

いかがでしたでしょうか?
ぜひInstagramを投稿している方は参考にしてみてください!!
些細なことでも構いませんので、SNSでお困りごとがありましたらカラビナハートまでお気軽にご連絡ください。
来年もよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. SNS担当者必見!8月に使えるモーメント事例4選!

  2. SNSブログ

    【検証】TwitterでURLを記載するとインプレッションが低下するの…

  3. SNSでもダントツの盛り上がり!!Instagramハロウィン投稿事例…

  4. 【SNS担当者必見】2024年3月の投稿切り口について

  5. 企業のSNS研修レポート

  6. 【SNS担当者必見】新CM告知の投稿事例