トレンド入りしたキャンペーン事例について

こんにちは。
カラビナハート株式会社の牛島 龍之介と申します。

私はSNSコンサルアシスタントとして企業のSNSアカウントの運用やSNS活用コンサルをしております。
今回はXに関するキャンペーンでトレンド入りさせる工夫やどのような切り口がランクインしているのかをご紹介します。
Xの中の人はぜひ最後までご覧ください。

【トレンド入りさせるには?】
まずはじめにXでトレンド入りさせるポイントをご紹介します。
・トレンド入りするためには短い時間でより多くの発話数が必要
・1日のリポスト数に差がなくてもトレンド入りできるとは限らず短時間に集中している必要がある
・タイミングと短い時間での発話を獲得できれば数千件の発話でもトレンド入りは可能
というように1日を通して緩やかに発話数を増やす施策はトレンドに入りにくい傾向があります。
短時間でより多くの発話を生み出すにはどうすればよいかを他社事例を参考にご説明します。

1.マクドナルド

新商品のリプライキャンペーンが1日で3,403件の発話でトレンド入りした事例です。
11/30~12/4の4日間連続でそれぞれ異なるハッシュタグを使ったリプライキャンペーンしていましたがトレンドに掲載されたのは12/3のみで午前11時から実施しています。このキャンペーンも短時間で多くの発話数があったことでトレンド入りしました。

2.すき家

引用ポストキャンペーンの事例です。
3日連続同じハッシュタグでキャンペーンを実施していましたがトレンド入りしたのは12/4(月)のみでした。各日の投稿数にほとんど差はありませんが12/4のみ開始後~12:00までを当選確率UPタイムとしたことがトレンド入りに繋がりました。
短時間に多くの発話数を生み出す手法として時間限定キャンペーンや短時間でのキャンペーンも効果的です。
Xの運用担当者はトレンド入りさせるポイントを念頭に切り口やキャンペーン実施時間等を設定するのが良さそうです。

最後にご案内になりますが、カラビナハートでは現在企業のSNSアカウント向けの健康診断を無料で行っています!
SNSをうまく活用できているかわからない・・どういった方向性で進めるか迷っている・・・などSNSでのお悩みがありましたらぜひ下記フォームよりお気軽にご連絡ください!

【上手くX(旧Twitter)・Instagram運用できてる?アカウント診断はカラビナハートへ】
https://www.karabinaheart.com/sns-analysis/

カラビナハート株式会社では企業のSNS運用、コンサル支援を行っています!
コミュニティ「マーケターの集い」へのお問い合わせ、SNSに関するご相談は下記までお気軽にご連絡ください

カラビナハートのSNS支援内容

・マーケティング施策全体におけるSNSの役割の整理
・目的に合わせたSNSのKPI設定
・概算式を活用したビジネス貢献
・SNSを絡めた企画立案
・目的、目標に沿った投稿の作成
・X(旧Twitter)、Instagramの運用代行
・内製化を目指した組織作り、仕組作り
・SNSの価値を高める社内での啓蒙支援

X(旧Twitter):https://twitter.com/rushijima199467

関連記事

  1. 11/29 いいにくいことを言う日 投稿内容に迷ったら!

  2. 【公式SNS運用術 第1弾】SNSの価値を社内で知ってもらうためにやっ…

  3. 【SNS担当者向け】2024年2月のモーメントカレンダー

  4. SNSブログ

    自治体がSNSとの相性が高い理由

  5. 企業公式アカウントSNSの使い分け事例をご紹介

  6. SNSでもダントツの盛り上がり!!Instagramハロウィン投稿事例…